5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仁義なき「ふるさと納税」争奪戦・・・問われる"納税"の意義 [無断転載禁止]©5ch.net

1 :Ψ:2017/10/07(土) 08:17:09.09 ID:IP1nwbru
論点
ふるさと納税の実像

 「遠く離れたふるさとを応援したい」「お世話になった地域にお礼がしたい」−−。
そんな趣旨から「ふるさと納税」が始まったのが2008年度。
名産品など魅力的な返礼品が増えたこともあり、近年、利用者が急増しているが、
一方で過剰な返礼品競争を見直す動きも強まっている。

■返礼品競争から「降りた」 藤本正人・埼玉県所沢市長

 埼玉県所沢市は今年4月から、ふるさと納税に対する返礼品の提供をやめた。
返礼品競争のため、住民は(納税者というより)モノ選びに必死な消費者と化し、
各自治体は他の自治体に納められるべき税をモノで釣って、奪おうと躍起だ。
 だが、「ふるさとを応援しよう」という本来の趣旨はどこへ行ったのか。
人の欲に火をつけて納税させる競争から「降りる」ことでしか、制度のあり方に
異議を唱える方法はないと考えた。

 ふるさと納税の趣旨自体は否定しない。
東日本大震災を経験した国民が遠く離れた故郷や被災した自治体を応援する気持ちを
表すことには意味がある。だが、ふるさと納税をすると確定申告せずとも控除が受けられる
「ワンストップ特例」が2015年度に導入されたのを機に返礼品競争が過熱した。
 今や、ふるさと納税専門ウェブサイトで返礼品の水産物が「今が旬!」と宣伝されている。
これはおかしい。納税に「旬」などあろうはずがない。

 15年度は、ふるさと納税による所沢市への寄付額は約3765万円だったが、
市民が他の自治体に寄付したことによる税額控除は約1億7853万円。
差し引き約1億4000万円の「赤字」になった。これだけ引かれてしまうと、食い止めざるを得ない。
市でも埼玉西武ライオンズの試合の招待券などの返礼品を用意した。
 だが、やがて、こんなことを許していたら、日本の納税制度はどうなるのかという気持ちが強くなった。

 納税は国民の義務であり、民主主義社会が成り立つための基本だ。
住民は所得等に応じて国や自治体に税金を納め、困っている人たちを助ける。
だが、ふるさと納税が進めば、住民は「返礼品によるお得感」がないと、税金を払わなくなるのではないか。
 また、お金持ちほど高い返礼品が得られるのもおかしい。徴税の基本は累進課税なのだ。

2 :Ψ:2017/10/07(土) 08:17:29.46 ID:IP1nwbru
 納税とは何か。国も地方も市民も、もう一度考えなければいけない。
子供が市内の学校に通い、親は市内のデイサービスを利用する。牛肉や海産物を求めて
全員がふるさと納税をしたら、自分が住むまちの福祉や教育はどうなるのか。
誰かがそのために税金を払っていることを忘れないでほしい。

 総務省が「返礼品は寄付額の3割以内に」と通知を出したが、評価できない。程度の差こそあれ、
方向性は変わらないからだ。住民福祉の元となる地方税獲得の権限は自治体固有のものであり、
自治体間で争奪させるのは筋が違う。それでも返礼品競争を続けるなら、ふるさと納税の
税額控除対象を国税部分に限るべきだ。消費増税が避けられぬほど財政は苦しいのに、
本来、福祉に使われるべき税の一部を返礼品に回すことを国は是認すべきではない。

 返礼品をなくせば「損得」によるふるさと納税がなくなり、規模は縮小するだろう。
だが、出身地や被災地を応援したい、という国民の純粋な気持ちは残るはずだ。
所沢市が返礼品廃止を宣言した後、それに賛同して市にふるさと納税をしてくださる方々もいた。
日本人はそんなに捨てたものではない。

https://mainichi.jp/articles/20171006/ddm/004/070/015000c

3 :Ψ:2017/10/07(土) 09:37:28.13 ID:rjShwegg
そのうち「返礼品:嫁」ってとこが出てくる

4 :Ψ:2017/10/07(土) 22:58:55.72 ID:rZ0KwMAg
特産品を紹介して贈る
商品は地方公共団体が民間から購入する
お金が回る
ふるさと納税大活躍だろ
所沢はカイワレでもプレゼントすればいいだろ

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)