5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幻の宝刀:「蛍丸」関の鍛冶らが復元 “刀剣女子”が支援 [無断転載禁止]©5ch.net

1 :きつねうどん ★:2017/10/04(水) 21:27:48.77 ID:CAP_USER
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/10/04/20171004k0000e040261000p/8.jpg?1

復元された「蛍丸」を鑑賞する来場者=岐阜県関市南春日町の関鍛冶伝承館で2017年10月2日、立松勝撮影
29日まで公開

 終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)による武器接収に伴い所在が分からなくなった阿蘇神社(熊本県阿蘇市)の宝刀「蛍丸(ほたるまる)」が岐阜県関市の刀鍛冶らによって復元され、関鍛冶伝承館(関市南春日町)で公開されている。7、8日に開かれ、50周年を迎える関市刃物まつりの記念事業の一環。【立松勝】

 蛍丸は鎌倉末期に京都で活動した刀鍛冶、来国俊(らいくにとし)作の全長1メートル36センチ、刀身約1メートルの大太刀。江戸時代の古美術図録によると、南北朝時代の肥後(熊本県)の武将、阿蘇惟澄(これずみ)=生年不詳〜1364年=の愛刀と伝えられる。

 惟澄は、戦で使用して傷付いた刀身に無数のホタルが止まって傷が直った夢を見た。翌朝、実際に刀の傷が無くなっていたことから名が付いたとされ、以後、家宝となった。

 阿蘇氏は戦国時代末期に滅亡したが、江戸時代に阿蘇神社の宮司として再興された。蛍丸は明治維新後も神社の宝刀として受け継がれ、1931年には当時の国宝保存法に基づく国宝に指定されたものの、終戦後に所在不明となった。

 蛍丸復元を企画したのは、かつて関市の同じ刀匠の元で修業していた関市神野の刀匠、福留裕晃さん(32)と大分県竹田市の刀匠、興梠(こおろき)宏明さん(36)。興梠さんが2015年、竹田市に構えた鍛錬場の地鎮祭を阿蘇神社の神官に頼んだのが縁で復元を思い立った。

 インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを実施すると、日本刀好きの「刀剣女子」らの話題を呼び、目標の550万円を大幅に超える4512万円が集まった。蛍丸の刀身を墨で写し取った押し形などを基にして、昨年2月に阿蘇神社で鍛錬の打ち始め式を行った。今年6月に復元した3振りが完成し、1振りが阿蘇神社に奉納され、1振りが関鍛冶伝承館に寄贈された。

 福留さんは「蛍丸は重さが通常の刀の2.5倍(約2.3キロ)あり、鍛錬の最初から大変だった。忠実に復元できたので押し形と見比べてもらいたい」と話している。公開は29日まで。

https://mainichi.jp/articles/20171004/k00/00e/040/256000c

2 :Ψ:2017/10/04(水) 21:54:30.76 ID:xl+zCUZ1
復元というのがわからん。新しい刀に同じ名前をつけただけで復元になるのか?

3 :Ψ:2017/10/04(水) 22:24:09.75 ID:nDxme1Ke
蛍と愛染と明石がきゃっきゃしてればいい

4 :Ψ:2017/10/05(木) 05:56:30.78 ID:UDBlR2gy
あえて言わせて貰うと擬人化気持ち悪い、ググると萌えキャラだらけ、変態ジャップ

5 :Ψ:2017/10/05(木) 06:04:24.53 ID:B7ritz2r
刀剣女子じゃなくて刀腐女子とキャラ相手に妄想デートしてる夢ババア

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)