5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エールフランスのA380型機が緊急着陸、エンジンに「重大な損傷」 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :きつねうどん ★:2017/10/01(日) 16:49:47.03 ID:CAP_USER
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/7/700x460/img_57e901250612c5a7db5fbe7eca2db097109004.jpg

ツイッターのアカウント「@Bdaddy1391」に投稿された、エールフランスのA380型機の損傷を受けたエンジンの写真。カナダに緊急着陸する前に撮影されたもの(2017年9月30日撮影)。


【AFP=時事】(写真追加)パリ発ロサンゼルス行きの仏航空大手エールフランスのA380型機が9月30日、エンジン4基のうち1基に「重大な損傷」が発生したため、カナダ東部の空港に緊急着陸した。

 エールフランスのスポークスマンはパリでAFPに対し、「066便はそれ以上の損傷が発生することなくカナダのグースベイ空軍基地に着陸した。乗客乗員520人は全員避難し、負傷者はいない」と説明した。

 スポークスマンによると、A380はグリーンランドを通過した際に目的地を変更し、グリニッジ標準時午後3時42分(日本時間10月1日午前0時42分)にグースベイ空港に「問題なく」着陸したという。乗客は496人、乗員は24人で、エールフランスは乗客を米国に振り替え輸送する方法を検討している。

 乗客やその親族がソーシャルメディアに投稿したとみられる動画や写真からは、右外側のエンジンの前方部分が大きく損傷し、カウリング(エンジンのカバー)がなくなっているのが分かる。エンジンが損傷した原因は分かっていない。

 A380は欧州エアバスの2階建てワイドボディー機で、旅客機としては世界最大。エールフランスは10機運航している。米ゼネラル・エレクトリックとプラット&ホイットニーの合弁会社が開発した大型ターボファンエンジンGP7200を採用している。

 グースベイはカナダ空軍の基地だが、大西洋を横断する航空機が緊急時に着陸する空港にも指定されている。【翻訳編集】AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3145045

2 :Ψ:2017/10/02(月) 13:06:40.76 ID:0G5TYY6Y


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)