5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今どき始球式は可愛さより“速さ” 稲村亜美、NGT長谷川ら“本格派”ズラリ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :きつねうどん ★:2017/03/26(日) 09:45:59.18 ID:CAP_USER
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20170324/enn1703241700007-p1.jpg

ど迫力の投球フォームをみせる稲村亜美


 プロ野球も開幕を控えたこの時期、話題になるのがタレントによる始球式だが、かつては短パンからスラリとのぞくおみ足が話題になったものだ。かわいいアイドルの大暴投やワンバン、ツーバン投球なんてご愛敬だったが、今やマスコミの注目はノーバン投球どころか、球速だというからどこまで本格的なんだ。

 19日、福岡県筑後市のタマスタ筑後で行われたソフトバンクの2軍戦。この始球式に登場したタレント、上杉あずさ(26)が100キロ超えに挑んだ。「100キロプロジェクト」と称して特訓を積んでいた上杉だが、本番では緊張のためか93キロにとどまるという残念な結果に涙。

 彼女がライバルと目標に置いていたのが、CMでみせた見事なバッティングフォームのため、“神スイング”と評判のグラドル、稲村亜美(21)だ。

 小学1年生から中学3年生まで野球に打ち込んだという稲村は、中学校の3年間はシニアリーグに在籍していたという本格派。ポジションはピッチャーとファーストだったという。

 ピッチングフォームも堂に入ったもので、プロ球界もベタ褒めの逸材。野球関連のテレビ番組やイベントにも引っ張りだこだが、その真価を見せるのが始球式。

 173センチという高身長で筋肉質の体躯から繰り出すピッチングはまさに剛速球。これまでの自己最速は昨年11月に千葉ロッテマリーンズのイベントで投げた105キロとプロ顔負けだ。

 「グラドルながら足腰や上半身はがっちりとしたアスリート体型。彼女の登場で、ノーバン投球どころかストライクゾーンへの投球、そして球速が始球式で注目されるようになった」とグラビア誌編集者は話す。

 かつての始球式といえば、アイドルが登場し、ホームベースにまでボールが届かず、「練習したのに…」とがっかりするというのがお約束だったが、稲村の登場で打者とのガチ勝負という見どころまで増えたわけだ。

 この稲村のライバルと騒がれたアイドルがNGT48の長谷川玲奈(15)だという。昨年9月、東京ドームで行われた日本ハム対楽天戦の始球式に登板し、しっかりとしたストレートをストライクゾーンに投げ込んだのだ。もちろんスタンドからはどよめきが。

 「長谷川も小学校から男子に混じって野球をやってきた野球少女。技術はしっかりとしているので、体ができてくれば球速も上がるかもしれない」とは前出のアイドル誌編集者。

 何ともすごい時代だ。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170324/enn1703241700007-n1.htm

2 :Ψ:2017/03/26(日) 09:52:36.34 ID:LRBVY6cI
稲村亜美のふともも

3 :Ψ:2017/03/26(日) 09:57:32.56 ID:xgDtp2w1
まだ21なの?
もっと年食ってる印象だったわ

4 :Ψ:2017/03/26(日) 11:13:39.86 ID:rS91WHAa
元気な子供沢山産めそう

5 :Ψ:2017/03/26(日) 11:31:00.58 ID:YU60bZIc
稲村亜美のナイスバディっぷりは半端ない

6 :Ψ:2017/03/26(日) 11:37:11.14 ID:mo0ZvevG
>>1
ザクザクは産経系だから“中日”はモザイクなのか

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)