5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【創価・公明】「安保」参院審議入り “創価学会に異変”で公明党の造反あるか [転載禁止]©2ch.net

1 :Ψ:2015/07/30(木) 09:54:33.90 ID:BUfbURyd0
 自民党が焦っているのは、公明党が反対したら「安保法案」は成立しないからだ。自民党は単独では「参院」で過半数に届かず、
「衆院」でも3分の2を確保していないため「60日ルール」も使えない。公明党が「安保法案反対」にカジを切ることはあるのか。
「創価学会の本部は、もちろん自民党を裏切るつもりはありません。会員が反対の声を上げることを黙認しているのは一種のガス抜きでしょう。
と同時に“維新の党”に近づき、公明党を軽く扱っている安倍自民党を脅す意味もあります。
ただ、これ以上、反対の声が強まると、抑えることが難しくなり、カジを切るしかなくなります。焦点は、学会婦人部の動きと、内閣支持率が30%を割るかどうかでしょう。
自民党と連立を解消するつもりはありませんが、安倍首相と心中する必要はありませんからね」(創価学会事情通)
 創価学会の本部が警戒しているのは、「なぜ、創価学会は反対しないのか」と集中砲火を浴びることだという。
すでに、村山富市元首相は、「安保法案には創価学会の会員でもたまらない気持ちの人は多い」と挑発しはじめている。創価学会関係者がこう言う。
「もし、反対に回る時は、まず関西の婦人部か、沖縄の婦人部が“反対”の声明を発表することになるでしょう。
それが合図になると思います。ただ、公明党は安保法案に反対することはない。
反対はしないが、参院での強行採決も、“60日ルール”を使う衆院での再可決にも応じない。公明党が協力しなければ、結果的に安保法案は成立しません」
 参院の選挙制度の変更をめぐって、すでに自民党と公明党には亀裂が入っている。安倍首相は創価学会・公明党の動きに内心、戦々恐々としているはずだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162136/2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162136/3

37 :Ψ:2015/08/05(水) 10:19:22.61 ID:BCeOUUIz0
創価学会員の乱 「連立の離脱も選択肢の一つ」 婦人部ソッポで集票組織が崩壊

「平和の党」 でありながら、安倍自民党の安保法制を認めた公明党。その姿勢に
学会員が怒りを露にしている。

学会員の怒りが特に激しいとされるのが、かつて池田名誉会長が選挙運動の
先頭に立ち 「常勝関西」 と言われた関西地方だ。関西の創価学会関係者が語る。

「『平和の党』 の最後の砦であるはずの安保法制に簡単に賛成され、会員の怒りが
一気に高まった。集会で 『もうやってられない』 と声を荒らげて公然と批判する
会員もいたし、安保法制反対のデモにも、それなりの人数が自然発生的に
駆けつけて声を上げている。地域をたばねる幹部が見つけて後日連絡すると、
『平和を呼びかけて何が悪いのか』 と言い返され、反論できなかったそうです」

関西の会員が動揺している背景には、5月の大阪都構想の住民投票をめぐる
ゴタゴタもある。都構想に反対していた公明党が、住民投票の実施には一転して
賛成に回り、学会は早々に自主投票を決めたのだ。

不可解な動きの裏を学会関係者がこう解説する。

「昨年12月の衆院選の際、維新の党から、橋下徹氏ら党幹部を立候補させ
公明党大物が立候補する小選挙区にぶつけると宣言されました。ビビった
公明幹部らは回避のため、菅義偉官房長官の仲介で維新と “密約” を結び、
住民投票への協力を約束しました」

38 :Ψ:2015/08/05(水) 10:20:14.63 ID:BCeOUUIz0
>>37 のつづき)
だが、こうした 「密室談合」 が公明党への反発につながったという。前出の
関西の学会関係者が語る。

「住民投票では 『自民党と維新を組ませて、公明党を平和の党に戻したい』 と、
あえて都構想賛成で活動した会員までいた。公明党が与党になって以来、
弱い人同士が助け合っていくという学会の教えから、学歴のある強い者、
上から目線の組織に変わりつつある。末端メンバーや地域の幹部の声は、
なかなか上には届かなくなっている」

このジレンマから抜け出すため、学会員らが口にするのは、自民党との 「連立解消」
という選択肢だ。愛知県武豊町議の本村強氏(62)はこう語る。

「連立を離脱して自分たちの思いを貫くことも一つの選択肢です。『離脱せよ』 との
会員からの声も私のところにたくさん届いています。今の公明党は与党として
自民党のブレーキ役を果たすと言っていますが、実態はアクセル役になって
しまっている」

公称827万世帯の会員を抱え、圧倒的な集票力を誇る創価学会が離反するような
ことがあれば、自民党の天下が揺らぐ一大事だ。果たしてそんな事態が訪れるのか。
東洋大学の薬師寺克行教授(現代政治論)は 「公明党が連立を離脱する
選択肢はあり得ない」 と言い、こう語る。…

39 :Ψ:2015/08/05(水) 10:20:55.17 ID:BCeOUUIz0
>>38 のつづき)
「日々の人々の生活を豊かにする 『現世利益』 的な目標を掲げて出発した公明党にとって、
福祉や子育てなどの 『小さな政策』 を与党として実現するほうが、安保法制などの
国家的な政策より優先される傾向がある。また仮に連立を離脱したら公明党は
小選挙区での当選は難しくなり、実質、比例代表のみの政党となり勢力も
小さくなってしまいます」

実際、公明党の一部が離脱し、新進党に合流していた96年の衆院選で非自民に
投票した公明党支持層の多くが、99年の自自公連立後、2000年の衆院選では
自民党候補者に投票した。与党という立場へのこだわりから、過去にも 「変節」 を
許容してきた経緯がある。

ただ、このまま学会員の不満が高まっていくと、予期せぬ波乱が起きる可能性がある。
壮年部に所属する西日本在住の学会幹部がこう語る。

「来夏の参院選には、私も、婦人部にいる母も協力しないつもりです。このまま
公明党が自民党と一緒に安保法制に賛成をするなら、もう頑張る必要がない」

関東地方在住で婦人部に所属する学会員の女性も、このように語った。

「私たちは池田先生が作った政党だから間違いないと思って、電話掛けも、
厚かましいお願いもしてきた。池田先生の教えに刃向かう自民党や今の
公明党の議員を応援するために協力してきたわけではない。婦人部では
このまま参院の公明党が採決で賛成するようなら、選挙の手伝いを考えようと
話しています」

週刊朝日 (2015年8月14日号)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150805/asahi_20150805_0003.html

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)